彼誰時通信

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■行かないで、単位。/6年も経ったら小学生になるのよね、どうせ三が日なんか寝正月。


→1/30 1:53 「いかないで単位。」
←1/30 2:32 「こっちにおいで単位。」
→1/30 2:45 「あっちいかないで単位。」
←1/30 4:21 「お願い戻って来て単位。」
→1/30 4:28 「もう振り向いてくれないのね単位。」
←1/30 16:21 「去る単位を追わなかった…一体何度繰り返せば…追え!追うんだ単位。」
→1/30 17:02 「あと3cm…伸ばした手は届かないの。どうして逃げるの?どうして私を避けるのよ…ねぇ、単位!」
←1/30 17:50 「タイムリミットまで23時間…たった二単位でも…出席足りなくて姑息な手を使っても…それでも良いの、単位。」
→1/30 18:02 「見放されても余命23時間でも僕は泣かないよ。再会した時また笑いあえるように…だから僕を忘れないで単位!」
←2/3 8:57 「努力は泡になって消え去った…さよならなんて悲しすぎるわ、私とあなたは出会う運命じゃなかったの、単位。」
→2/3 14:18 「貴方に胸をはれるほど私は努力したかしら?つくしたかしら?そうよ自業自得なのよ…だから恨まないわ、単位」
←2/4 12:24 「分かっていたけど、それでも朝せっかく起きれたんだからテストに行ったのよ。行かなきゃ良かったわ、単位。」



ちょうど去年のテスト時期に某後輩とやりとりしてたメールの題名です。奇数行が後輩で、偶数行が自分の心の叫びですね。えーゆうの携帯は、題名に50文字も費やすことが出来るのでとても好きです。
そういえば、その後輩とは携帯の機種も色違いでお揃いです。お揃いだけれどそんなに仲良かったのかは分かりません。お互いの携帯を初めて見たときの、え…?という間とかを思い出すと。とりあえずその子のしゅーかつが上手く行くと良いなあと思います。

懐かしいな。3年後期と言えば、10月いっぱいしか学校に行かず、テストも白紙で出して来て、0単位しか取れなかった学期です。まあ、3年前期だって4単位しか取れてないので、「胸をはれるほど努力したかしら?つくしたかしら?そうよ自業自得なのよ…だから恨まないわ」という時の単位なんてそんなものです。

ちなみに、そのとき余命23時間で消え去った2単位は、4年の前期にもう1回リベンジして、姑息な手段なんか使わずにきちんと優をいただきました。再会した時また笑いあえました。反省して努力したら振り向いてくれる優しい子で良かった。






tan-i1

退院しました。手術した足が痺れてぴりぴりします。

さて、今日ですね。ほとんどの4年生にとっては今日は別に何でもない日だと思いますが、我が家ではカレンダーに印付けて家族全員が今か今かと待ち望んでいた日です。今日、卒業出来るかどうかが決定します。

朝から、出勤前の姉に「決まったらメールちょうだいね」と言われたり、母から電話が掛かって来たり、大学受験の合格発表のとき以上に家族がそわそわしていたのですが、とうとう、叔母さん経由で「おじいちゃんも朝から落ち着かなくて、卒業のお祝い(現金)を持ってウロウロしてる、早く送ってあげたいみたいよ」という情報が届きました。
どうも午前中から張り切って教務に行く気はなく、だらだらしていたのですが…しまった、本州の祖父にまで心配を掛けてしまっているとは。ごめんねおじいちゃん、すぐに行って来るわ。

という訳で、今から見に行ってきます。どきどき。
  1. 2009/03/06(金) 14:32:08|
  2. サマーフール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■「郵便受けに、[任務完了]って手書きで書かれた紙が入ってたんだけど、怖いから早く帰って来て」って困惑した姉から電話があったので、どきどきしながら帰ったら後輩達のいたずらでした。/憧れは憧れのまま、さよなら制服のお姉さん。


さて、非常に非常に大変とんでもなくお久し振りです。
期待されてる方には申し訳ないですが、まだ閉鎖しません。個人情報も書きません。

制服さよならのショックでリバウンドし、また見た目が増加しはじめました。
某先輩風に言えば、「安定してきている…」。





ブログを更新しない間にも時は過ぎ、骨はくっつき、手術日程が決まりました。全身麻酔で切って抜いて縫ってもらいます。

あれから、調子に乗ってたびたび爪先立ちを楽しんでいたのですが、どうも折れた部分とは違うところ…(そう、ちょうど金属板の端っこくらい…)がだんだん痛くなってきました。てっきりボルトが緩んでいるのかと思っていたのですが、先生がおっしゃるには、「ああ、金属板が筋か何かと癒着してるのかもしれないねー」だそうです。

うう。余計痛くなってきました。



「前回みたいに化膿したらごめんね、もしボルトが折れて体内に残ったらごめんね」という、もしものための書類にもサインしたし、もう準備はばっちりです。色々尽きない心配はあっても、1回入れてしまった以上、出さなければいけない訳で。そもそも抜かなくても良いような気もするのですが…結構色々刺さっているので、全部抜いたらリコーダー状態になるんじゃないかと心配です。



ちなみに主治医の先生は謎のイケメンです。
先生が担当の曜日だけ、病院ものすごく混んでいる気がするのですが、それはきっと先生が名医だからです。

だから、お医者さんになるべく勉強されているイケメンの方は、名医にならないよう気を付けてください。










tori1

この頃は本当に鳥が好きだったんですよ。実際には青い鳥よりもモモイロペリカンが好きでした。
こういうことに真面目に取り組んでいるあたり、自分ではとても真面目な子だと思っていたのですが、誰に聞いても「扱いづらい子だったわ」と言われます。

だろうなあ…。



今でも扱いづらいです。
  1. 2009/02/23(月) 15:25:07|
  2. 彼誰時更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■さて、ずっと溶けてても始まらないし、つべこべ言わずに更新しようと思います。/(短時間なら)爪先立ち出来るようになりました。


爪先立ち、重要ですよ。雨の日にズボンの裾を濡らさないように帰れるんです。爪先立ちが出来て、可愛いパンプスが履けて、ヒールで身長を5㎝上乗せして、松葉杖なしで走れる…ああ、人生ってこんなに幸せです。

先日病院に行って、とりあえずこれまでの治療は一段落つきました。
したがって、あとは骨がきちんとくっついた後、今まで骨を固定していてくれたボルトやら焼肉グリルみたいな板やらを抜くことになります。また何日か入院することになるので、では来年の夏休みにでも来ますと言ったら、先生にお説教されました。

社会人の休みはそんなとこに使っちゃけないのだそうです。



社会人の休みはそんなとこに使っちゃいけない…
なるほど、その新しい概念をもって身近な社会人の皆さまを見ると、社会人の貴重な休みを使ってまで全国からOB様たちが集ってくれるブル研の夏って一体何の魅力が…げほっごほっ…とても素敵だと思いました。
どうかきちんと卒業して、私も社会人になりたいです。

という訳で、(社会人になれるかどうかは置いといて)社会人になってからではなくて、その前の学生の終わる春あたりにもう一回手術します。
次こそは、ちゃんと傷口がふさがれば良いのですが、何しろ恐ろしく治る気力に欠けている我が細胞達なので、もし前回みたいに長引いたりしたら不安です。
入社早々、休みがちで要注意人物とかになったらどうしよう…。







では、前回の補足します。
ブログ上ではやっと暖色系のループから抜けることが出来たのですが、それでもピンクの話題です。

お菓子って実は綺麗な色のものは少なくて、クッキーとかはみんな茶色とか黒とか白が多いです。そんなコンサバ派な子達がひしめき合っている焼き菓子詰め合わせの中で、ピンク色のを入れるとちょっとアクセントになって、特に女性のお客さま(と、女性にプレゼントする予定のお客さま)には喜ばれます。


cake20     cake21
たーらこー。たーらこー。

可愛いでしょう。
左の子が苺さんで、この後ぬるいオーブンでからからに乾燥させます。右の子はフランボワーズさんで、こっちは、もちもちです。あ、2つとも違うお菓子ですよ。写真間違ってなければ。
右の子は1年位前まではカシスさんだった気がします。その頃はもうちょっとクールなピンクだったのですが、イメチェンした今ではすっかり年下系ピンクになりました。





あれ?バイトやめたんじゃないの?って突っ込みもあるかと思いますが、そこはご想像にお任せします。
過去の写真でもまるでリアルタイムのように更新していくと約束しましたので、そんなの気にしないで読んでください。まだご紹介してない写真もいっぱいありますから。

[■さて、ずっと溶けてても始まらないし、つべこべ言わずに更新しようと思います。/(短時間なら)爪先立ち出来るようになりました。]の続きを読む
  1. 2008/10/20(月) 18:22:54|
  2. 甘い環境にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■多分それは、他の誰かじゃなくて、あなたが差し出してくれるティッシュだったから。



cake19

可愛いでしょう。



左の子は、密封しないと溶け始めます。
寂しがり屋なので、シリカゲルさんを入れ忘れるとひどいことになります。

右の子は、密封すると溶け始めます。
袋に穴が開いているのは、この子がそういう性格だからです。




どっちにしろ溶けるって言うんだから、女の子って本当わがままです。

  1. 2008/10/16(木) 21:42:08|
  2. サマーフール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■分かった。ピック替えた後のバンジョー弾きの低迷って、きっとJカーブ効果なんだ。


はい、彼誰時通信の更新ですよー。彼誰時のこと、中国語だと思ってた人は考えを改めてくださいね。


お久しぶりです。ブログのみの伝達手段となってる方には、私はまだ山奥で夏休みしていることになっていましたが、ちゃんと帰って来ています。新学期も始まって、半分実家暮らしですが元気に生きてます。
夏の思い出とかそのあたりの記事は、機会があったらアップしますね。需要はないとは思いますが。



先日からまた東京に来ています。全国の大学4年生が全員黒スーツで一斉に東京へ向かう、あれです。

toky1

夏休み中にあった懇親会でのショックからまだ抜け切れてなかったのですが、髪黒くしてスーツ着るとさすがにどの子も地味な普通の子になっていて(懇親会ではみんなそれはもうおしゃれで、ブル研標準装備で行った自分としてはかなり焦ったものです)、地味な普通の子である私も、前よりは浮かずに済みました。

式自体もとても楽しかったです。一人一人受け取る証書、次から次へと出される週刻みの資格スケジュール(単位どうしろと)、大量の書類、豪勢なお弁当…。

そう、お弁当が豪勢でした。じゃあこの後みんなでお弁当食べますからねーって言われた時に想像したものとは全く違うものが出てきました。

toky2

おいしかったです。



ところで、私が内定もらったのは地域総合職(に値するもの)なのですが、女の子は今度、制服の採寸がありますって言われました。どうやら、小さい頃から憧れだった「制服のお姉さん」になれるみたいです。
制服のお姉さんって、どうしてもぱんしょくと呼ばれていたりすることが多いので、しゅーかつ始めた時点でその夢とはさよならしていたのですが、結果的には実現しました。ちょっとうれしいです。シャツにベストにスカートに、あの変な色のスカーフが巻けるんです。

よし、がんばるぞ。
まずは卒業です。何て高い壁なんだ…。
  1. 2008/10/04(土) 02:56:49|
  2. 彼誰時更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Author:hanna
ポジティブしりとり。
「ブルーグラス研究会」→「今まで本当にどうもありがとう」

しりとり、しませんか。次はあなたの番ですよ。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。